BLOG

必ず早く走れるようになる!子供が早く走るためのかけっこ(走り方)の基本について!!③

かけっこの基本をお話する前に、弊社「幼児・小学生対象」子供の習い事陸上クラブ【ビクトリー陸上スクール】をご説明させていただきます。

 

〇 神奈川県海老名市・大和市・横浜市、ビクトリー陸上スクールとは 〇

 

子どもの習い事陸上クラブ【ビクトリー陸上スクール】は、「幼児(5歳)~小学6年生」を対象に、神奈川県海老名市の【海老名運動公園陸上競技場】と神奈川県大和市の【大和スポーツセンター競技場】を拠点にして活動しております。

 

・海老名運動公園陸上競技場

「毎週、月曜日・水曜日・金曜日」

 

・大和スポーツセンター競技場

「毎週、火曜日・木曜日」

 

また、随時「無料体験スクール」を実施しておりますので、ぜひご参加ください。

祝日は定休日となります。

 

※詳細は弊社ホームページ https://victory-as.jp/ をご覧ください。

 

ご質問等は、公式ホームページ内の問い合わせ先よりお気軽にお問い合わせください。

また、お電話やメール以外で、【LINE公式アカウント】を開設しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

VICTORY陸上スクール 公式LINE

 

今後、SNS「Facebook・Instagram・Twitter」でもスクール情報を配信いたします。

※各SNSにて『ビクトリー陸上スクール』で検索

 

弊社からのお知らせをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

それでは、早く走るためのかけっこの基本について、①【姿勢】②【腕振り】③【足の動かし方】にわけてお話させていただきたいと思います。

 

走り方の基本を身につけて早く走ろう!

 

3つ目の、走り方の基本【足の動かし方】について解説します!!

足の動かし方が上手だと、ゴールまで膝があがり、地面にしっかり力が伝わり、怪我をしにくいといった。早く走るためのメリットが多くあります。

逆に、間違った足の動かし方だと、前方向に進まなくなることや、良い姿勢が崩れて怪我の回数が多くなってしまうこともありますので気をつけましょう。

 

それでは、よい足の動かし方のポイントを3つ紹介したいと思います。

①足の付け根を意識する!

②膝を前に向ける!

③地面を上から踏む接地!

 

まずは、①足の付け根を意識する!について説明いたします。

子供の足の動かし方でよく見かけるのは、お尻にカカトを当てて走るようなフォームです。

このような走り方では、膝は上がらずに、自らブレーキかけてしまって走るフォームになってしまうので、足を痛めやすくなってしまいます。

また、地面からの反発力も小さくなるため、前に進みません。

なので、足の付け根を意識することで、足があがりやすくなります。

正しい形は、足が上がった状態で、横から見ると足が数字の7の形になるようになりますので、そのように動かしていきましょう。

 

次に、②膝を前に向ける!について説明いたします。

膝を外に向けて、ガニ股(O脚)で走ると、推進力を前に向むけることができずに、体が左右にぶれやすく、速く走れずに怪我のリスクも高まります。

疲れも溜まりやすいガニ股(O脚)は一度クセになると修正に時間がかかります。

なので、推進力をしっかりと前に働かせるためにも、膝は前に向けて走りましょう。

イメージの仕方としては、前に膝蹴りをしていくイメージで走っていると良いフォームが身についていきます。

 

最後に、③地面を上から踏む接地!について説明いたします。

接地とは、足が地面に着地する際の動きのことを言います。これは、地面に力を加えること、地面から反発力をもらうことにとても重要な動きです。

正しい接地の仕方として、膝がしっかりと上がって、膝が前方向に向いた姿勢から、地面をしっかりと上から踏むように走りましょう。その際、足の裏と地面が平行に気をつけてください。

地面を上から踏むように走ることで、ブレーキを減らすことに繋がります。また、地面に正しく力が伝えることができて地面からの反発力が高まります。

このような正しい足の動かし方【接地】が身につくと、最後まで(ゴールまで)膝が上がった状態で減速を少なくして走り続けることができます。

地面を上から踏む時、つま先が落ちてつま先から地面に接地したり、かかとから接地することは、悪い接地の仕方になるので、注意してください。

つま先やかかとから接地してしまうと、ブレーキをかけることになってしまいます。

 

これらの3つのポイントを自宅で練習する際には、空き缶などを真っすぐ並べて、それを真っすぐに超えていくように練習をしてみてください。

 

最後になりますが、

子供が走るのが遅い、走り方がおかしい、教え方がわからない、教えると親も感情的になり子供は聞いてくれない、スポーツを楽しめないという保護者の方々から、お問い合わせを多くいただきます。

今回は、早く走るための【足の動かし方】の基本をご紹介させていただきました。早く走れないフォームと早く走れるフォームや練習方法をお子様と一緒に実践してみてください!

 

次回は、これまでの【まとめ】の記事を更新いたします。

 

スクールの詳細は下記、子どもの習い事・ビクトリー陸上スクール(神奈川県海老名市・大和市・横浜市)のホームページをご覧ください。

 

https://victory-as.jp

 

※ご不明な点がございましたら公式ホームページ内、「フリーダイヤル」・「LINE公式アカウント」・「予約フォーム」でお気軽にお問い合わせください。

 

ご来場いただく、陸上スクール(キッズ陸上クラブ)や少人数制「かけっこ」教室では、学区(校区)内ではなくても、幼児(5歳)~小学生の子ども達は参加が可能!

「海老名市、厚木市、伊勢原市、平塚市、秦野市、座間市、大和市、綾瀬市、寒川町、茅ヶ崎市、相模原市南区、藤沢市御所見地区、横浜市瀬谷区・旭区・緑区・泉区、東京都町田市鶴間」に在住の方は車で15分程でお越しいただけます。

 

ご自宅付近などへお伺いする、出張個別「陸上競技」レッスンでは、幅広くの地域へお伺いすることが可能!

出張個別レッスンでは、幼児や小学生のかけっこ(走り方)レッスンから、中学生以降、大人の方も対象に陸上競技レッスンを受講することが可能でございます。

出張可能エリアは「海老名市、厚木市、伊勢原市、平塚市、秦野市、座間市、大和市、綾瀬市、寒川町、茅ヶ崎市、相模原市、藤沢市、横浜市、神奈川県より東京都町田市など」となります。

ビクトリー陸上スクール公式SNS

お問い合わせ
CONTACT

      陸上スクール、少人数制「かけっこ」教室、
各種サービスのご予約、お問い合わせはこちら

【受付時間】
電話 9:00~16:00 / LINE・メール 24時間受付中
【定休日】
土曜日・日曜日・祝日
※LINE・メールの返信はお時間を頂く場合があります、お急ぎの方はお電話でご連絡をお願いいたします。