BLOG

走り方(かけっこ)は子供(小学生)のうちに習おう【正しい走り方について】

「幼児・小学生対象」子供の習い事陸上クラブ【ビクトリー陸上スクール】(海老名市・大和市・横浜市)で正しい走り方が学べます。

 

〇 神奈川県海老名市・大和市・横浜市、ビクトリー陸上スクールとは 〇

 

子どもの習い事陸上クラブ

 

【ビクトリー陸上スクール】は、「幼児(5歳)~小学6年生」を対象に、神奈川県海老名市の【海老名運動公園陸上競技場】と神奈川県大和市の【大和スポーツセンター競技場】を拠点にして活動しております。

 

・海老名運動公園陸上競技場

「毎週、月曜日・水曜日・金曜日」

 

・大和スポーツセンター競技場

「毎週、火曜日・木曜日」

 

また、随時「無料体験スクール」を実施しておりますので、ぜひご参加ください。

祝日は定休日となります。

 

※詳細は弊社ホームページ https://victory-as.jp/ をご覧ください。

 

ご質問等は、公式ホームページ内の問い合わせ先よりお気軽にお問い合わせください。

また、お電話やメール以外で、【LINE公式アカウント】を開設しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

VICTORY陸上スクール 公式LINE

 

今後、SNS「Facebook・Instagram・Twitter」でもスクール情報を配信いたします。

※各SNSにて『ビクトリー陸上スクール』で検索

 

子供のうちに(少年期に)習おう「正しい走り方・かけっこ」について

保護者の方々からよくこのようなご相談をいただきます。

子供に走り方(かけっこ)を教えるのが難しい、教えようとしても子供が聞いてくれない、親も感情的になってしまい上手くいかない、学校では正しい走り方を教えてもらえない、ネットで調べることやYouTubeを見てもわからないなど、、、

スポーツの習い事をしていても、陸上競技以外のスポーツではなかなか走り方(かけっこ)を教えてもらうことはないかと思います。

ましてや子供が学校の体育授業や公園などでの「走り方(かけっこ)」を見る機会はほとんどないですよね。

 

実は、子供の頃(少年期)に正しい走り方(かけっこ)や身体の動かし方(運動神経の伝達)を習っていると、中学生以降、あらゆるスポーツに大きく関わってくるのです!

そこで今回は【走り方(かけっこ)を習うタイミングやメリット!】についてご紹介させていただきます。

 

●走り方(かけっこ)の基礎を習うタイミングは?

怪我をしやすい走り方や伸び悩む走り方ということを考えたことがありますか?

怪我は治療したり、長いこと休むと痛みは和らぎますが、また走ると悪いクセが直っていなければ再発してしまい、長い時間怪我と付き合わなければ行けません。

伸び悩んだ時にいくら練習しても、疲れをしっかり取ってもパフォーマンスが上がらない、走り方(かけっこ)を考えれば考えるほどもっと悩んでしまう。

ということはスポーツをしていれば経験することになるでしょう。

 

そこで走り方(かけっこ)を習うタイミングとしては

・小学生のうちに(子供のうちに)

・怪我や伸び悩んだときに(スランプ期やプラトー期)

という2パターンのどちらかがおすすめです。

 

現在、お問い合わせで多いのは

・小学生で走り方を教わって理解できるの?本当にフォームの改善ができるの?

・あまり運動をしたことがない子供や運動が苦手な子供でもなんとかなるの?

などと不安が強い質問が多いですが、小学生のうちに習っておくことにメリットがたくさんあります。

 

●小学生のうちに習うメリットは?

小学生のうちに習っておくことにはメリットがたくさんあります。

今後お子様が陸上競技やその他のスポーツをしているときに、怪我や伸び悩んだときに、時間やお金を無駄にしないようにするためにも以下のメリットを踏まえて小学生のうちに習っておくようにしましょう。

 

・誰でも走り方(かけっこ)は必ず変わる

運動が苦手な子供や走り方(かけっこ)を習ったことがない子供も継続すれば、どんどん走り方(かけっこ)は変わっていきます。

怒られるのが嫌だ、や自信を持ててない子供の保護者様から指導方法についてもよくお問い合わせがあります。

基本的に指導者(コーチ)は、技術指導以外のモチベーションを上げることを行いながらアドバイスしないと練習の質が下がったり、子供はあまり理解できずに悩んでしまうので、生徒のレベルによって指導方法・練習内容や声掛けアドバイスを変える必要があります。

 

・走り方(かけっこ)の基礎を知っていると治療費がかかりにくい

走り方(かけっこ)の基礎を知っていないのと知っているのとでは、怪我の回数が大きく違います。

子供の頃(小学生まで)はまだ小さな力しか発揮できないので、正しくない走り方でも負担が少なく大きな怪我をすることは少ないでしょう。

ですが、身体が大きくなるにつれて筋肉が増えると力の発揮も大きくなるので、その分負担も大きくなって怪我をしやすくなります。

正しい走り方(かけっこ)を習得すると、怪我は軽減されて、病院に行くことも少なくなるのです!!

 

・走り方(かけっこ)の基礎を習得すると伸び悩んでも焦らずにすむ

最後に!

きちんと走り方(かけっこ)の基礎を身につけておくと、スランプ期やプラトー期を迎えたときに自分のフォームの見直しができます。

伸び悩んだ時は、なにが正解かわからなくて冷静になれず、正しいアドバイスも素直に受け入れることが難しい場合が多いです。

焦ってしまい見直すことを怠った状態で練習をしても悩むことが多くてストレスと疲労が溜まり、精神的にも辛いことでしょう。

ですので、一度基礎の動きを思い出し初心に戻るということも大変重要なので、小学生のあいだに走り方を習い身につけておくことが大切なのです。

 

「5歳~小学6年生対象」子供の習い事スクール【ビクトリー陸上スクール】では、速く走りたい、綺麗に走りたい、かっこいいフォームで走りたいのほかに、走り方がわからない、怪我がしやすいなどや運動神経の構築、身体能力向上などプロのコーチが直接指導させていただくので、生徒1人1人の性格・体系・体の動かし方によって、声かけ・アドバイス・技術指導を変えることができます。

どんな子供でも短時間で速く走れる・長く走れる・できなかったことがどんどんできるようにトップアスリートが見本を見せることなどで細かな技術もより分かりやすく楽しく指導させていただきます。

 

正しい走り方(かけっこ)の習うタイミングやメリットの記事をご覧いただきありがとうございました。

 

スクールの詳細は下記、子どもの習い事・ビクトリー陸上スクール(神奈川県海老名市・大和市・横浜市)のホームページをご覧ください。

 

https://victory-as.jp

 

※ご不明な点がございましたら公式ホームページ内、「フリーダイヤル」・「LINE公式アカウント」・「予約フォーム」でお気軽にお問い合わせください。

 

ご来場いただく、陸上スクール(キッズ陸上クラブ)や少人数制「かけっこ」教室では、学区(校区)内ではなくても、幼児(5歳)~小学生の子ども達は参加が可能!

「海老名市、厚木市、伊勢原市、平塚市、秦野市、座間市、大和市、綾瀬市、寒川町、茅ヶ崎市、相模原市南区、藤沢市御所見地区、横浜市瀬谷区・旭区・緑区・泉区、東京都町田市鶴間」に在住の方は車で15分程でお越しいただけます。

 

ご自宅付近などへお伺いする、出張個別「陸上競技」レッスンでは、幅広くの地域へお伺いすることが可能!

出張個別レッスンでは、幼児や小学生のかけっこ(走り方)レッスンから、中学生以降、大人の方も対象に陸上競技レッスンを受講することが可能でございます。

出張可能エリアは「海老名市、厚木市、伊勢原市、平塚市、秦野市、座間市、大和市、綾瀬市、寒川町、茅ヶ崎市、相模原市、藤沢市、横浜市、神奈川県より東京都町田市など」となります。

ビクトリー陸上スクール公式SNS

お問い合わせ
CONTACT

      陸上スクール、少人数制「かけっこ」教室、
各種サービスのご予約、お問い合わせはこちら

【受付時間】
電話 9:00~16:00 / LINE・メール 24時間受付中
【定休日】
土曜日・日曜日・祝日
※LINE・メールの返信はお時間を頂く場合があります、お急ぎの方はお電話でご連絡をお願いいたします。