BLOG

【リレー、バトンパスについて】運動会で活躍するために!神奈川県海老名市・大和市・相模原市・横浜市

いつも神奈川県(海老名市・大和市・相模原市・横浜市)子どもの習い事陸上クラブ【ビクトリー陸上スクール】をご利用いただき、誠にありがとうございます。

 

【リレー、バトンパスについて】運動会で活躍するために!の記事の前に、当スクール「幼児(未就学児)・小学生対象」子供の習い事陸上クラブ【ビクトリー陸上スクール】をご紹介させていただきます。

 

〇 神奈川県(海老名市・大和市・相模原市・横浜市)ビクトリー陸上スクールとは 〇

 

子どもの習い事陸上クラブ【ビクトリー陸上スクール】は、神奈川県海老名市・大和市・相模原市・横浜市にて会員制の「陸上スクール」非会員制の「かけっこ教室、出張レッスン」を提供させていただいております。

 

≪陸上スクール(陸上クラブ)≫

月曜日・水曜日・金曜日【海老名運動公園陸上競技場・★NEW★相模原ギオンスタジアム】

火曜日・木曜日【大和スポーツセンター競技場】

陸上スクール(陸上クラブ)では、随時「無料体験」を実施しておりますので、お気軽にご参加ください。

※陸上スクールは祝日定休日となります。

 

≪少人数制「かけっこ」教室≫

土曜日・日曜日・祝日【海老名運動公園(海老名市)・ふれあいの森(大和市)・相模原ギオンスタジアム(相模原市)・岸根公園(横浜市)】

 

少人数制「かけっこ」教室の開催スケジュールにつきましては、毎月20~25日の間にホームページ内カレンダーに掲載いたしますので、ご確認のほどよろしくお願いいたします。

※SNS(Facebook・Instagram・Twitter・公式LINE)では開催日などを先行配信しておりますので、ぜひフォロー(登録)をお願いいたします。

 

●各種出張レッスンサービス●

≪出張個別「陸上競技」レッスン≫

≪企業向け「イベント」レッスン≫

≪教育機関向け「体育」レッスン≫

 

詳細は弊社ホームページ https://victory-as.jp/ をご覧ください。

 

ご質問等は、公式ホームページ内の問い合わせ先よりお気軽にお問い合わせください。

また、お電話やメール以外で、【LINE公式アカウント】を開設しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

VICTORY陸上スクール 公式LINE

 

SNS「Facebook・Instagram・Twitter」でもスクール情報を配信しております。

※各SNSにて『ビクトリー陸上スクール』で検索

 

当スクールの紹介をご覧いただきありがとうございました。

それでは、下記、【リレー、バトンパスについて】運動会で活躍するために!をご覧ください。

 

運動会が楽しくなる!【リレー、バトンパスについて】

 

バトンの正しい渡し方、持ち方を解説!

 

今回は、日本のお家芸とも言われ、世界でもトップレベルとも言われる、陸上競技、運動会の花形種目、リレーについてご紹介させていただきます!

 

バトンパスの練習をするかしないかで、リレーのタイムは大きく変わります。
たとえ走力で劣っている場合でも、バトンパスを練習することで、相手より早くゴールすることも可能です。
それくらい、リレーでのバトンパスは重要なのです!

正しいパトンパスの仕方を理解して、運動会で活躍できるよう、準備していきましょう!

 

★バトンパスの種類

陸上競技では、代表的なリレーとして、1人100mを4人で繋ぎ、バトンパスの際は後ろを見ないでもらう4×100mリレーと、1人400m(陸上トラック1周)を4人で繋ぎ、後ろを見ながらバトンパスを行う4×400mリレーがあります。
運動会では、両方行う場合がありますが、よりミスが少ないバトンパスのやり方は後ろを見ながらバトンパスを行う方法です。

 

★バトンの持ち方

基本的にバトンは下の方を持ちます。
渡す側が真ん中や上の方を持ってしまうと、次の走者に渡しづらくなり、タイムロスに繋がります。
なので、バトンを持つときは次の人に渡しやすいよう、下の方を持ちましょう!

 

★バトンの受け渡し

バトンを受け渡しの方法として、オーバーハンドパス・アンダーハンドパス・横向きにもらう方法があります。
今回は、オーバーハンドパスと横向きの受け渡しについてご説明致します。

 

【オーバーハンドパス】

渡す側は、バトンと手が直角になるように腕を伸ばします。受け手側の手を押し込む様に渡しましょう!
渡す時に、バトンを寝かせて渡してしまったり、上から叩くように渡してしまうと、パスミスが起こる可能性が高くなります。

受ける側は、腕を後ろに伸ばして掌をパーにして待ちます。親指と人差し指の間を大きく開けることが重要です。
この時に肘が曲がってしまったり、手の位置が下に下がってしまう、手のひらが上に向いてしまうと、渡す側が渡しづらくなってしまいます。

 

【横向きの受け渡し】

渡す側は、オーバーハンドパス同様、バトンと手が直角になる様にします。
受け手側は横を向き、左手を伸ばした状態で掌を走者に向けます。
受け取った後バトンを右手に持ち替えて、走ります。

 

★メリットとデメリット

 

【オーバーハンドパス】

・メリット

次の走者が加速をした状態でバトンをもらうことができるため、ロスが少なく、タイムが縮まりやすいです。

 

・デメリット

前を見ながら、スピードが上がった状態でのバトンパスになるため、息が合わないとバトンが届かなかったり、落としてしまう可能性が高い渡し方になります。

 

【横向きの受け渡し】

・メリット

後ろを見ながらバトンパスを行うため、安全にバトンパスを行うことができます。

 

・デメリット

ゆっくりなスピードで貰うので、タイムを狙う目的の場合は不向きと考えられます。

 

今回は運動会、リレーで活躍するための方法をお伝えしました!

是非、実践していただいて、運動会で活躍できるよう準備していただければと思います!
ご覧いただきありがとうございました。

 

神奈川県海老名市・大和市・相模原市・横浜市、ビクトリー陸上スクールでは!

速く走りたい、綺麗に走りたい、かっこいいフォームで走りたいのほかに、走り方がわからない、怪我がしやすいなどや運動神経の構築、身体能力向上などプロのコーチが直接指導させていただくので、生徒11人の性格・体系・体の動かし方によって、声かけ・アドバイス・技術指導を変えることができます。

 

トップアスリートが見本を見せることなどで細かな技術もより分かりやすく楽しく指導させていただきます。

どんなお子様でも短時間で速く走れる・長く走れるようになることはもちろん、できなかったことがどんどんできるようになり、得意を伸ばし苦手を克服し、継続力の向上になります。

心身の土台作り(メンタル面・運動神経構築・基礎体力向上・競技力向上など)や、ルールやマナー、時間管理などから協調性と社会性も育めるよう保護者に代わってサポートいたします。

子供達が楽しくスポーツを行って、すくすく育ち、努力が成果に変わっていく環境作り、質の高いトレーニングに取り組めるビクトリー陸上スクールに、ぜひ一度、無料体験にお越しください。

 

スクールの詳細は下記、子どもの習い事・ビクトリー陸上スクール(神奈川県海老名市・大和市・相模原市・横浜市)のホームページをご覧ください。

 

https://victory-as.jp

 

※ご不明な点がございましたら公式ホームページ内、「フリーダイヤル」・「LINE公式アカウント」・「ご入力フォーム」でお気軽にお問い合わせください。

 

ご来場いただく、陸上スクール(陸上クラブ)や少人数制「かけっこ」教室では、学区(校区)内ではなくても、幼児(5歳)~小学生の子ども達は参加が可能!

「海老名市、厚木市、伊勢原市、平塚市、秦野市、座間市、大和市、綾瀬市、寒川町、茅ヶ崎市、相模原市南区、相模原市中央区・相模原市緑区・藤沢市御所見地区、横浜市瀬谷区・旭区・緑区・泉区、東京都町田市鶴間」に在住の方は車で15分程でお越しいただけます。

 

ご自宅付近などへお伺いする、出張個別「陸上競技」レッスンでは、幅広くの地域へお伺いすることが可能!

出張個別レッスンでは、幼児や小学生のかけっこ(走り方)レッスンから、中学生以降、大人の方も対象に陸上競技レッスンを受講することが可能でございます。

出張可能エリアは「海老名市、厚木市、伊勢原市、平塚市、秦野市、座間市、大和市、綾瀬市、寒川町、茅ヶ崎市、相模原市、藤沢市、横浜市、神奈川県より東京都町田市など」となります。

ビクトリー陸上スクール公式SNS

お問い合わせ
CONTACT

      陸上スクール、少人数制「かけっこ」教室、
各種サービスのご予約、お問い合わせはこちら

【受付時間】
電話 9:00~16:00 / LINE・メール 24時間受付中
【定休日】
土曜日・日曜日・祝日
※LINE・メールの返信はお時間を頂く場合があります、お急ぎの方はお電話でご連絡をお願いいたします。