BLOG

【正しい足の着き方について】地面への足の着き方は天性のもの?ベタベタ走り、バタバタ走りを改善!

いつも神奈川県(海老名市・大和市・相模原市・横浜市)子どもの習い事陸上クラブ【ビクトリー陸上スクール】をご利用いただき、誠にありがとうございます。

 

【正しい足の着き方について】地面への足の着き方は天性のもの?ベタベタ走り、バタバタ走りを改善!の記事の前に、当スクール「幼児(未就学児)・小学生対象」子供の習い事陸上クラブ【ビクトリー陸上スクール】をご紹介させていただきます。

 

〇 神奈川県(海老名市・大和市・相模原市・横浜市)ビクトリー陸上スクールとは 〇

 

子どもの習い事陸上クラブ【ビクトリー陸上スクール】は、神奈川県海老名市・大和市・相模原市・横浜市にて会員制の「陸上スクール」非会員制の「かけっこ教室、出張レッスン」を提供させていただいております。

 

≪陸上スクール(陸上クラブ)≫

月曜日・水曜日・金曜日【海老名運動公園陸上競技場・相模原ギオンスタジアム】

火曜日・木曜日【大和スポーツセンター競技場】

随時「無料体験」を実施しておりますので、ぜひご参加ください。

※陸上スクールは祝日定休日となります。

 

≪少人数制「かけっこ」教室≫

土曜日・日曜日・祝日【海老名運動公園(海老名市)・ふれあいの森(大和市)・相模原ギオンスタジアム(相模原市)・岸根公園(横浜市)】

 

少人数制「かけっこ」教室の開催スケジュールにつきましては、毎月20~25日の間にホームページ内カレンダーに掲載いたしますので、ご確認のほどよろしくお願いいたします。

※SNS(Facebook・Instagram・Twitter・公式LINE)では開催日などを先行配信しておりますので、ぜひフォロー(登録)をお願いいたします。

 

●各種出張レッスンサービス●

≪出張個別「陸上競技」レッスン≫

≪企業向け「イベント」レッスン≫

≪教育機関向け「体育」レッスン≫

 

詳細は弊社ホームページ https://victory-as.jp/ をご覧ください。

 

ご質問等は、公式ホームページ内の問い合わせ先よりお気軽にお問い合わせください。

また、お電話やメール以外で、【LINE公式アカウント】を開設しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

VICTORY陸上スクール 公式LINE

 

SNS「Facebook・Instagram・Twitter」でもスクール情報を配信しております。

※各SNSにて『ビクトリー陸上スクール』で検索

 

当スクールの紹介をご覧いただきありがとうございました。

それでは、下記、【正しい足の着き方について】地面への足の着き方は天性のもの?ベタベタ走り、バタバタ走りを改善!をご覧ください。

 

かけっこ(走り方)の基本、地面への正しい【足の着き方】について!

 

今回は、足が速くなる上で、またスポーツをする上で必要なかけっこ(走り方)の基本、【足の着き方】についてご紹介させていただきます。

 

よく足の着き方(接地)は天性のもので、練習しても治らないといいますが、そんなことはありません!

 

正しい足の着き方を知り、正しい練習方法を継続することで誰でも改善することができます!

【足の着き方】が間違っていると、体重が軽く、筋力が少ない小学生くらいの年齢だと問題がないように思われることが多いです。しかし、中学生、高校生と、身体の成長とともに筋力がついてきて、体重も増えてくると、記録が伸びにくくなってしまったり、怪我をしやすくなってしまいます。

かけっこ(走り方)の足の着き方(接地)は大変重要なんです!

 

では、足のつき方はどのようにすれば足が速くなり、怪我の防止になるのか?

下記、正しい足のつき方&練習方法を掲載しておりますので、ご確認いただき、実践してみましょう!

 

スピードによって足の着き方(接地)は変わる!

まず地面への足の着き方(接地)ですが、速く走るかけっこ(短距離走)ではカカトは地面に着いてはいけません。

 

・歩くときはカカトから地面に着く

・ジョギングやマラソンはフラット(足の裏全体)で地面に着く

・かけっこ(短距離走)ではカカトはほんの少し上げて足裏の前足部を地面に着けて走る

力を出そうとしてカカトを着けて走ってしまうと、地面を強く蹴っている感覚を感じるのですが、実際は後ろに体重が乗り、腰が下がるので推進力(前に進む力)を得られません。

スピードがでて地面が速く動いてきても、接地時間が長いと足を速く動かせず、足がどんどん後ろにいってしまうため、膝が上がらず、スピードが上がりません。

推進力を生み出し、より速いスピードで走るためには、膝を上げた時に真上から空き缶を踏むように地面を踏む必要があります。

このときに、カカトをついて接地するのではなく、少し浮かせて前足部だけがついていると、正しい接地となります!

 

足の着き方の練習方法!

 

一つ目は縄跳びです!

 

実は縄跳びの足のつき方、姿勢は正しい走り方ととても近いんです!

つま先を下げて突くような動きで行うのではなく、つま先、目線を前に向けて、正しく行うことで、自然といい動きが身に付きます!

 

二つ目はミニハードルを使ったトレーニングです!

 

つま先、膝を前に向けて、ミニハードルを越えていくことで、自然と膝が上がり、また正しい足のつき方(接地)が身に付きます!

※ガニ股や内股、地面を引っ掻くようなカカトがお尻に当たる動かし方で行わないように注意してください。

もしミニハードルを持っていない方でも、ペットボトルや空き缶などを等間隔において走ることで、代用できます!

何本か回数を重ね、体で覚えてきたらミニハードルを無くして走ってみましょう。

ミニハードルがあった時と同じように走れればOKです!!

もし、動きが変わってしまう、前と同じように戻ってしまう場合は、またミニハードルを置いて動きを確かめましょう。

 

怪我をしにくい、正しい走り方を身につけることで、今だけでなくこれからの成長スピードにも影響します。

︎プレゴールデンエイジ(5〜9歳)、ゴールデンエイジ(9〜12歳)という、正しい動作を覚える非常に大切な時期に、間違った動作を身につけないよう、是非継続していきましょう!

ご覧いただきありがとうございました。

 

スクールの詳細は下記、子どもの習い事・ビクトリー陸上スクール(神奈川県海老名市・大和市・相模原市・横浜市)のホームページをご覧ください。

 

https://victory-as.jp

 

※ご不明な点がございましたら公式ホームページ内、「フリーダイヤル」・「LINE公式アカウント」・「ご入力フォーム」でお気軽にお問い合わせください。

 

ご来場いただく、陸上スクール(陸上クラブ)や少人数制「かけっこ」教室では、学区(校区)内ではなくても、幼児(5歳)~小学生の子ども達は参加が可能!

「海老名市、厚木市、伊勢原市、平塚市、秦野市、座間市、大和市、綾瀬市、寒川町、茅ヶ崎市、相模原市南区、相模原市中央区・相模原市緑区・藤沢市御所見地区、横浜市瀬谷区・旭区・緑区・泉区、東京都町田市鶴間」に在住の方は車で15分程でお越しいただけます。

 

ご自宅付近などへお伺いする、出張個別「陸上競技」レッスンでは、幅広くの地域へお伺いすることが可能!

出張個別レッスンでは、幼児や小学生のかけっこ(走り方)レッスンから、中学生以降、大人の方も対象に陸上競技レッスンを受講することが可能でございます。

出張可能エリアは「海老名市、厚木市、伊勢原市、平塚市、秦野市、座間市、大和市、綾瀬市、寒川町、茅ヶ崎市、相模原市、藤沢市、横浜市、神奈川県より東京都町田市など」となります。

ビクトリー陸上スクール公式SNS

お問い合わせ
CONTACT

      陸上スクール、少人数制「かけっこ」教室、
各種サービスのご予約、お問い合わせはこちら

【受付時間】
電話 9:00~16:00 / LINE・メール 24時間受付中
【定休日】
土曜日・日曜日・祝日
※LINE・メールの返信はお時間を頂く場合があります、お急ぎの方はお電話でご連絡をお願いいたします。